思いついたらすぐできる!文章を書いてお金を稼げるサービスを有効利用しよう!

思いついたらすぐできる!文章を書いてお金を稼げるサービスを有効利用しよう!

文章を書いてお金を稼ぐ。
本業以外にお金を稼ぎたいとか、専業主婦だけど在宅で仕事がしたいとか、何かしらでお金を稼ごうと思ったときに取り掛かりやすいのがライティング。
文章を書くことに対する得意不得意はあれど、特に何も準備する必要がなく、思いついたらすぐに始められるのが最大のメリットですね。

わたし自身は文章を書いて生きていきたいという思いがあったので、お金になるならやるしか!という勢いで始めました。月に数百円から数万円まで、頑張りとサービス次第で稼げる金額も結構差があります。
まずはライティング、始めてみませんか?

ライティングでの稼ぎ方2パターン

多くのクラウドソーシングサイトでは、タスク形式とプロジェクト形式の案件があります。
(コンペ形式もありますが、ライティングやる上で関わったことがないので割愛)
わたしの中では下記の認識で区別しています。

2種類のライティング形式

タスク形式

  • 記事を投稿し、記事が承認されると報酬が発生
  • 報酬が安い
  • 手軽にできる
  • プロジェクト形式

  • プロジェクトに応募し、採用されると仕事ができる
  • 報酬が高め
    (というか、報酬を先に見てから応募でするので金額をある程度自分で決められる)
  • 選ばれるとは限らない
  • クラウドソーシングサイト上では、このイメージでいいと思います。
    ここから先は、わたし独自の考え方の部分なので、興味のない方は読み飛ばしてください。

    納品して終わりじゃないのがプロジェクト形式

    わたしは、クラウドソーシングサイト以外のライティング案件であっても、人とのコミュニケーションがあればプロジェクト形式と分類しています。
    担当者とのコミュニケーション(メールやメッセージ、skyoe、チャットワークなど)があるかどうかですね。それはつまり、納品した記事に修正が入る可能性がある案件ということでもあります。

    1億貯金での集計方法

    1億貯金に向けての集計は、このプロジェクト形式に該当するものをライティングとして集計しています。
    対してタスク形式。これは記事だけを気軽に納品できますが、承認されなかった場合はお金になりません。このタスク形式は、ポイントとして集計しています。

    これまでに使ってきたライティングサイト

    ライティングだけに特化したサイトも幅広いカテゴリに対応した総合型クラウドソーシングサイトも混ざってますが、使っていたりチェックしたりしていたのは下記のサイトです。

    あまり利用しなかったサービス

    定番だけど使ったことない『ランサーズ』

    ランサーズは、名前を挙げてはみましたがライターとして利用したことはありません。案件を探したことはありますが、結局やらないままでした。
    ただ、仕事で発注者側で利用していたことはあるので、なんとなくシステムはわかっている感じです。

    あまり記憶にない『CROUD』

    CROWDはやっていたと思うのですが、あまり記憶にありません。メインでは使ってなかったと思います。
    ちょっとだけやって、換金ラインに達するまではポイントサイト「げん玉」でゲームとかやってた記憶だけあります。

    クラウドソーシングサイト「CROWD」とポイントサイト「げん玉」など、いろいろなサイトでポイントが共通なので、いろいろやらずにひとつにまとめたい!という人には向いているのかもしれません。
    どのサイトでも、換金ラインまで貯めるのって意外と大変ですものね。

    ライティングサイトの換金額まとめ

    残りのサイトは、全て一度は換金したことがあります。
    換金額だけでいうと……

    1. サグーワークス
    2. クラウドワークス
    3. ブログ広告
    4. ウーマンクラウド
    5. shinobiライティング

    の順番です。

    利用期間や使いやすさ、案件の多さなどもあるので、換金額が高いからといって良いサイトだというわけではありません。合う、合わないもあると思うので。

    具体的な金額と利用期間は下記の通り。

  • サグーワークス:96,900円(2015年6月~2018年2月)
  • クラウドワークス:19,243円+入金待ち分39,000円(2016年11月~2018年3月)
  • ブログ広告.com:54,949円(2013年8月~2015年12月)
  • ウーマンクラウド:50,013円(2016年1月~2017年1月)
  • shinobiライティング:46,000円(2013年12月~2018年2月)
  • ライターとして成長できた実感

    いろいろなライティングサイトを利用してきましたが、稼ぎやすい稼ぎにくいとは別に今の自分にとってやりやすいサイトがあったような気がします。
    その時々の生活スタイルやライティングレベルで、書きやすいか書きにくいかが決まるのではないかと思います。

    どのサイトも自分を成長させてくれた

    最初は簡単にできるタスク形式の案件が多いサイトをメインで利用していました。
    そこで、ルールの決められた中でライティングする感覚を学んで、また違うライティングに挑戦する。それの繰り返しです。
    それぞれのサイトについて、また改めて別記事でまとめたいと思います。
    けれど、サービス終了したウーマンクラウドついてだけ個人的所感を。

    今のわたしを作り上げた『ウーマンクラウド』

    ネットで評価を検索すると、なかなか酷評が多かったです。けれど、わたしはとても大好きなサイトでした。

    辛めの評価は、投稿記事をたくさん承認却下された!というものが多かったので、クライアント次第なのかもしれませんね。クラウドソーシングサイトの場合は、出会ったクライアントによってサイトの評価が決まってしまいます。そう考えると、出会いって大切。

    案件に恵まれて次につながった

    自分で言うのもなんですが、わたしはとてつもなく案件に恵まれていたと思います。
    最初はタスク形式の仕事を探していましたが、「あ、これできそう」という案件を見つけたので初めてプロジェクト形式に応募してみました。
    とりあえずやってみましょう」といった流れでやってみた仕事ですが、思いもかけず評価してもらってしばらく続けていました。
    そこから、同じ会社の別の仕事を紹介してもらい、ウーマンクラウドがサービス終了するまでその仕事を継続して請け負っていました。

    人との出会いや仕事の経験が次につながる

    この同じ会社のおふたりの担当者がとても親切な方たちで、プロジェクト形式も悪くないなって思ったものです。
    サイト終了の際には挨拶しましたが、会社名とお名前を控えておけば、いま改めて営業できたなーと後悔しております。

    最初にやっていたのは300文字150円くらいの仕事でしたが、それ以外はキュレーションサイトでまとめ作成の仕事がほとんどでした。
    ウーマンクラウドで得た仕事や経験が全て今につながっています。サービス終了時はホントにショックでした。
    ある意味では、今のわたしを作り上げたと言っても過言ではないサイトでした。

    目の前のことを頑張れば道はつながる

    改めて振り返ると、いろんなことが積み重なって今があるんだなぁと思います。
    ライティングサイトで「自分の文章がお金になる」という経験を積んだからこそ、プロジェクト形式にチャレンジしようと思いました。
    キュレーションサイトでのまとめ作成の経験がきっかけで、次に書く場所にも恵まれました。
    そして、時間を掛けたまとめ記事が消えてしまったことをきっかけに、自分の名前で書いて残せる自分のブログをやりたいと思うようになりました。

    渦中にいると、しんどかったり大変だったりすることがたくさんあります。
    けれど、それらは全て未来の自分のになるんですよね。
    無駄なことは何ひとつないのだから、目の前のことをしっかり頑張ろうと改めて思いました。