ライターとして効率よく稼ぐために「時間意識」を身に付けよう

ライターとして効率よく稼ぐために「時間意識」を身に付けよう

ライターとしてのスキルアップを目指すために、最近は時間意識をしっかり持つようにしています。
何文字書くのにどれくらいの時間が掛かるかを把握することは、仕事のペースを掴む上でとても大切なことです。

webライターを名乗るようになってから

サグーライティングのプラチナテストに合格したことをきっかけにwebライターと名乗り始めたわたしですが、そのときにふたつ決めたことがあります。

  • 1文字1円以上
  • 時給1,000円以上
  • このふたつを、これからの目標値としようと思ったんです。

    1文字1円以上

    webライターを名乗るからには、最低限1文字1円を目標にしようと思いました。
    文字単価が0.5円などの案件は基本的にはもうやりません。
    レベルアップを目指すためにも、そう決めました。
    最終的には文字単価をもっと上げていきたいところなので、1文字1円以上をひとつの目安にします。

    時給1,000円以上

    ハローワークの求人より在宅ワークの方が効率良さそうだと判断したわたしのもうひとつの目標値。それが時給換算です。
    1,000円の案件なら1時間以内、500円の案件なら30分以内に書こうということです。

    仕事の内容でトータル的に考える

    どちらの目標値も数字としての目安でしかなく、絶対ルールではありません。
    絶対的なルールにしてしまうと、できる仕事がなくなってしまいます。
    そう都合よく1文字1円以上の案件が常にあるわけではないのです。

    1,000文字の案件の文字単価が0.5円であっても、1時間で2本書けるなら時給は1,000円以上です。
    文字単価が1.5円であっても、画像の選定や入稿作業など、ライティング以外の部分に時間が掛かることもあります。そういった場合は、時給換算した数値の方が重要視されます。

    そうやって、両方の目標値と照らし合わせながらトータルで考えるようにしています。

    気が付くとダラダラ書いている

    ライターとして仕事をするときは、時間意識を持つようにしていました。
    けれど、このブログの記事を書くのに意外と時間が掛かっています。

    これまでの反省点

    ブログ記事を書く際には、書きたいことを書きたいままに書いていることがほとんどです。
    調べながら書いていたら、途中で最初に思っていた方向性と大きくずれることもあります。
    その結果、記事がとてもダラダラと長くなってしまっています。

    「まぁいいか」……で誤魔化してきましたが、これってライターとして稼ぐにはあまり良くない傾向です。

    時間意識が足りていない

    このブログで記事を書くのに報酬が発生しているわけではないので、時間管理が甘くなっていました。
    ついつい調べものに集中して、いつのまにかネットサーフィンで時間が過ぎていたこともあります。途中で別のことをやり始めて、ちっとも記事が書けなかったこともあります。
    ……思い返せば、ちゃんとできてないことだらけでした。

    書く内容が整理できていない

    ライティングの案件と違って、ブログ記事はおおまかに何について書くかしか考えていません。
    書きながら、続きをどう書くか考えている感じです。
    だからどんどん脱線して、無駄に長いブログ記事になってしまうんです。

    最近、記事が長すぎて読みにくいんじゃないかと、ちょっと気にしてたんですよね。
    まとまりがない記事は読んでいて疲れます。

    これからの改善点

    反省したら、次は改善が必要です。
    ただ「改善できるように頑張る」と言ったところで、根っからの怠け者のわたしにできるはずがありません。
    具体的にどうするのかまで落とし込んで考えます。

    時間を意識して書く

    1文字1円と考えると、時給1,000円にするには1時間に1,000文字書く必要があります。

    このブログも1,000文字1時間で、始まりと終わりの時間を意識して書くようにしたいと思います。
    具体的には、書き始めた時間と終わった時間を記録して、書くのにどれだけの時間が掛かったかを計測することにします。
    こうすることで、書くと決めた時間は書くことにしっかり集中できるようになりたいと思います。

    先に骨格を考える

    1記事1,000円。1時間でできれば時給1,000円ですが、2時間掛かると時給は500円です。
    ライターとして効率良く稼ぐためには執筆時間を短くすることが重要です。

    そのために必要なのは、書いている途中に迷わないことです。この先に何を書こうかと悩んだり、調べたことについて書きたくなったり、途中で方向転換するとどうしてもその分時間が掛かります。
    迷わないでスムーズに書きあげるには、最初に何を書くかを決めることが大切なんです。

    具体的に、これからは先に見出しを作成することにします。
    おおまかに何を書くか考えた部分を、前もってもっとしっかり組み立てるようにします。

    できなかったことを目標にする

    最近は、なんだか自分に対してすごく甘かったような気がします。
    時間意識をしっかり持って、効率よく稼げるようにしたいですね。

    そして、自分のブログという、書く練習としてはぴったりな場所があるんですもの。
    苦手だなぁと思ってたことにもどんどんチャレンジしていきたいと思います。

    webライターを名乗るからには、ライティングでしっかり稼がなければ!