株式投資を始めるための準備と自分ルール

株式投資を始めるための準備と自分ルール

1億貯金とは直接の関係はないのですが、こっそりひっそり株式投資をしています。
投資といえるほど大袈裟なことはしていません。ちょっと小銭を増やす程度です。
語れるほどのことは何もありませんが、わたしの株式投資のスタンスをちょっとまとめます。

憧れだった株式投資

いつかは株をっやってみたいと思っていたわたしですが、実際に取引をするまでにはとても時間が掛かっています。
まず、準備期間が長く掛かりました。

資金を準備する

わたしの人生において、これまで裕福だった時期はありません。
「株をやってみたい!」と思ったところでお金がありません。
そのため、まずは資金を準備するとことから始めました。
当時は会社員だったわたし。ライティングなどの副業で稼いだお金を株資金とすることにしたんです。

とりあえず5万円貯金

目標金額5万円が貯まった時点で証券会社に口座を開きました。
よくわからないなりに、手数料などを吟味して口座開設したのがGMOクリック証券でした。

どうなったかという結論だけ言うと、何回か取引して、500円くらいプラスになってそのまま放置状態になりました……。
手数料の計算がややこしく、わたしには株は向いてないと思いました。

再チャレンジで20万円貯金

5万円ごときではどうしようもないと思って、再チャレンジしようとまた株貯金を始めました。
1年以上掛けて副業で20万貯めました。
そこで口座開設したのが松井証券です。2016年の口座開設以来、たまに間は空くけれどずっと利用しています。
松井証券の最大のメリットは、10万円以下の取引は手数料無料だということ。
手数料を計算する必要がないので、とても分かりやすく取引できます。

自分ルールを決める

お金に関わることなので、しっかりとしたルールを決めることにします。
ビットコインのときにもちらっと触れましたが、基本ルールは同じです。

  • 使うお金は、なくなっても惜しいと思わない程度にすること。
  • 掛かる費用はわたし個人のお財布から出すこと。
  • わたし個人のお財布から出すすこと

    例えば、生活費をつぎ込んだりすると、もういろんな意味で必死になると思うんですよね。
    得しても損しても、生活に影響が出るのはわたし的に絶対にNGです。

    そういった点から、副業で株資金を貯めてから始めることにしたんです。
    給与からは1円も入れていない、副業だけで稼いだ額ならまぁいいだろうと。
    だからこそ、「やってみたい!」から実際にやってみるまでかなり時間が掛かったわけですが……。

    なくなっても惜しいと思わない程度

    これは、株を学びたいと思ったときに考えたルールなんですよね。
    思い切って売買できるようにならないと勉強にならないかなぁと思ったので、仮に損して資産がゼロになっても後悔しない額にしようと決めたわけです。
    それが、それなりに取引できる範囲の金額として20万だったんです。

    ないものとしているので、多少マイナスになっても気にしないよっていうスタンスです。
    証券口座に入金した20万は、1億貯金はもちろん、我が家の予備費としてもわたし個人の貯金としても、どこにも計上していません。
    我が家の家計簿上では、完全にないものとしている資金なのです。

    自分の範囲内で楽しみたい株式投資

    本気で株式投資で稼いでいる人もたくさんいると思います。
    資金の面でも考え方の面でも、わたしが本格的に稼ぐことは無理です。
    主に小銭を稼いで楽しんでいます。ホントに数百円のレベルです。

    今は基本的に低リスク低リターンの安全取引です。
    けれどやっぱり、お金が増えると嬉しいんです。
    いつか生活に余裕が出て、毎月投資額を増やして運用できるようになったら、多少のリスクを取ることができるようになるのかもしれません。
    そんな日が来るのを待ちながら、今は自分の範囲内で小さく楽しみます。