家を片付けるために本を売らなければならない

家を片付けるために本を売らなければならない

わたしの趣味は読書です。読むのは主に小説です。
実家にも今の家にも本がたくさんあります。けれど、わたしは本を捨てることができません。
でも、部屋の片付けのために本を処分しなければいけないのです。
整理とわずかばかりの現金を得るために、本を売ることにします。

わたしにとっての本

お金があれば本を買い、ちょっとした時間があれば本を読むという10代~20代を過ごしました。
移動時間中に読むことが多いので買うのは文庫版ばかりです。
実家と家にある分を合わせると、何百冊あるのかよくわかりません。

本を捨てることができない

小説でもビジネス書でもマンガでも、とにかく本という形になっているものは捨てることができません。
漫画雑誌とかペーパーブックとか、紙としての印象が強いものはまだ捨てられるのですけど。

そのため、本を処分するときには古本屋に売ることにしています。
高い金額になると期待しているわけではありません。
わたしにとって大切な本が、また誰かの手に渡ればいいなぁと思っています。

古本は買いません

売っておいてなんですが、わたしは古本屋で本を買わないことをモットーにしています。

わたしは紙の本が好きです。そして、本屋さんも好きです。
だから、本がなくなると困るのです。
そういった想いもあって、作家や出版社にお金がいくように本だけは本屋さんで新品を買います。

でも、自分で買った本は処分できないので誰かの手に渡って欲しくて売るんです。
矛盾してると思いますが、自己満足なのでいいんです。
自分の中の決め事というだけなので、もちろん古本屋を否定する気もないです。

自分の中の例外

新品で買うことをモットーとしている本ですが、例外もあります。大人買いしたくなったマンガの全巻セットだけは、古本でもいいとしているんです。イチから買い集めると破産してしまうので。
連載中の場合は、続きは新刊から買いますけども。

どこまでも紙の本派

わたしは、電子書籍でなく紙の本派です。どこまでも紙の本派です。

1ページずつ指でページをめくること、伏線を振り返るために数十ページ単位で前に戻ること、しおりの位置で「そろそろ終わってしまう」と切ない気持ちになること、表紙や背表紙を眺めて何を読もうか思案すること、内容確認のためにパラパラっと流し見すること、本屋で本を物色すること、平積み本との出会い、超長編のずしっとくる重さ。……などなど。
紙の本全てを愛してるので、紙でないと嫌なんです。

電子書籍は便利なのかもしれないけど、指の感覚も使って読書を楽しむわたしには向いていないと思います。
マンガはスマホで読んだりもしますが、暇つぶしくらいです。集めているマンガは新刊が出たらやっぱり紙で買います。

家を片付ける必要がある

いつかは私設図書館のような本屋敷を建てたかったのですが、とてもそんなお金はありません。
自分の家も実家も片付ける必要があるため、少しずつ本を処分していっています。

数年単位で処分を進める

実家を片付けようと思ってからすでに数年が経過しています。
本をまとめて売ってしまえば簡単なのですが、わたしの「書籍愛」がそれを許しません。

10代の頃に買った小説、何度も読み直した文庫、好きな作家さんのシリーズもの、新幹線に乗り込む前に急いで買った本、プレゼントされたエッセイなど、内容だけでなく本そのものにも思い出があったりします。
そのため、処分する前に再読するというルールを決めました。

  1. 今は実家から本を持ち帰る
  2. ひたすら再読する
  3. ある程度貯まったら処分する

という流れで進めています。めちゃくちゃ時間掛かります。
けれど、その甲斐あってか最近は新しく本を買っていないので節約にはなっているのかもしれません。

そうは言っても、好きな作家さんの新作も長い間買えていないので、欲しいものリストも読みたい本でいっぱいです。

本をどこに売る?

本を売るのは宅配買取をやっているところでと決めています。
古本屋に持ち込んだりはしません。重いから。

ネットオフ

毎回売っているのはネットオフ
ネットで宅配買取を申し込むと佐川が集荷に来てくれます。段ボールの箱詰め作業だけで、伝票を用意する必要もないので楽です。
買取金額は決して高くありません。
わたしの本の保存状態が良くないだけかもしれませんが……。
マンガと書籍など合わせて90点売ったときの買取金額は567円でした。

バリューブックス

1回だけ利用したことがあるバリューブックス
ビジネス書、コンピュータ、参考書などの専門書を中心に買い取ってくれます。
マンガと小説以外のビジネス書や、勉強しようと思ったけどしなかったコンピューター関連書籍を売りました。
そういった書籍がたくさんあったので、段ボール3箱分くらい送りました。
けれど、買い取ってもらえたのは20冊のみでした。買取金額は20点で1,511円。
古いものや、使い込んだ形跡のある本もたくさん送ったので、まぁ仕方ないなといったところです。

ブックオフ

ブックオフは利用したことがありません。
そもそも、本といえばブックオフだと思うのですが、何故わたしはネットオフに売っているのでしょう?
ネットオフとブックオフの関係がよくわかりませんが、今度はブックオフで売ってみようかなと計画中です。