怠け者が時間を上手に使うためのスケジュール管理法を考える

怠け者が時間を上手に使うためのスケジュール管理法を考える

やりたいことがたくさんあるので、うまく時間を使うためにはどうしたらいいのかを考えてみたいと思います。
わたしは基本的に怠け者なので、かなりもったいない時間の使い方をしていると思います。
自分の人生をもっと輝かしいものにするためにも、しっかりお金を稼ぐためにも、スケジュール管理法を身に付けたいところです。

自分の時間に対する意識を知る

わたし自身はとても怠けたがりの人間です。そのため、自由な時間が多いと却って不自由してしまうんですよね。
だって、やりたいことはたくさんあってもやりたくない気持ちを優先してしまうので。

最低限のことしかしない

予想外のことや突発的なことがない限り、できる限りやることはちゃんとやりたいと思っています。
納期のあるライティングの仕事とか、そういう結局やらなければいけないことはやるんです。
けれど、それも締め切りギリギリに一気に仕上げることがほとんど。前もって予定を立て、時間に余裕をもって進めることがなかなかできません。
つまり、必要最低限のことしかできないんですよね。必要に駆られてようやく手を付けるといった感じで、時間的に余裕があるとつい怠けてしまいます。
「まだ大丈夫!」って思ってしまいがち。

気持ちの上では時間を上手に使っている

実際はなかなか行動には移せないのですが、スケジュール的には自由な時間はたくさんあるわけです。
そのため、気持ちの上では、自由な時間をたくさん使ってやりたいことをいっぱいやろう!と意気込んでいます。
けれど、ついつい怠けてしまうので、自分がリストアップしたやりたいことにいつも苦しめられてしまいます。
あれもこれもできてない!といったところです。
自分のやりたいことは時間的な期限が特にないので、どうしても後回しにしちゃうんですよね。

集中力がない

集中力がないからか、ひとつのことをやり始めても他のことが気になって脱線してしまいます。
ふと思いついたことをやり始めてみたり気になったこと本を読みふけったり、どうしても目先の楽なこと楽しいことに流れてしまいます。
納期に余裕があるほど集中できない傾向にあるようで、期限ギリギリだとものすごく集中できるんですけどね。
追い詰められないとダメなタイプなのかもしれません。

これからのスケジュール管理法を考える

なかなかにダメダメなわたしの時間意識が発覚したところで、これからどうしたらいいのか考えることにしましょう。
やりたいことができていない状況が続くと、自分を責めてしまって鬱々としてしまいます。
だからこそ、ちゃんとできそうな範囲でスケジュールを組みたいと思います。

会社員時代と同じように考える

在宅ワークだとついつい自由な時間を持て余してしまうわたし。
ただ、会社員時代はちゃんと毎日会社に行って仕事をしてたわけです。(勤務時間内ではいい感じに手を抜いていましたけど)
それなら、在宅ワークが基本である今も、会社員時代と同じように考えてみようと思います。
拘束時間というか、1日の稼働時間をまず最初に決めておく感じです。

平日と週末を分けて考える

平日は、とにかくお金を稼ぐための仕事をします。主にライティングですね。
稼がなきゃいけない事実は変わらないわけなので、会社の仕事と同じような捉え方でがっつりライティングしようと思います。
週末は、ライティングはお休みにしてもいいので、それ以外のやりたいことや家のことを優先してやります。

平日のスケジュール

まず、決まった時間にPCに向かうことを義務化します。会社の始業時間と同じですね。
そして、やるべきことが終わったらお昼ご飯。午後は午後でやるべき仕事をこなします。
会社員時代と違うのは、晩ご飯の支度があるので残業はしないということです。憧れの定時退社!
午後の業務時間内に間に合わなかった仕事は、食事後寝る前にリカバリーすることにします。

週末のスケジュール

特に何も決めないでいようかなと思います。
夫と出掛ける予定があれば出掛けるし、何もなければやりたいことをやります。
1日ダラダラするっていうのもありですが、その場合は前もってそう決めておこうと思っています。
結果的に1日ダラけてしまうのと、今日は休む人決めてゆっくり過ごすのでは、気持ちの満足感が違うと思うんですよね。

あまりかっちりし過ぎないようにする

平日はしっかり仕事、週末はやりたいことや家のことと、会社員時代と同じように平日と週末の区別をつけようと思ったわけです。
けれど、平日と週末のやることはあまりきっちり分け過ぎないようしたいと思います。
ライティングを週末することもあるし、家の片付けを平日にやることももちろんあります。
大切なのは、稼働時間を決めてスケジュールをこなすことで、その内容はその時々で変わってもいいかんぁと。

毎日スケジュールを確認する

朝起きたらその日のスケジュール、夜寝る前に次の日のスケジュールを考えたり見直したりする時間を取ろうと思います。
やることと始める時間が明確になっていないと、ついついダラダラしてしまうわたし。
だからこそ、いつから何をやるのかを確認することで、スムーズに行動できるようになるのではないかと期待してます。

毎日ブログの時間を作る

ブログの記事を書く、アクセスを確認する時間を毎日確保したいところです。
やることを明確にするという意味でも、100記事超えてからもしばらくは毎日更新を目標にしようと考えています。
ただ、できるだけ達成したいという目標なだけなので、毎日更新できなくても仕方ないかなぁとは思っています。
決められた時間内に記事を書く訓練にもなりそうですね。

意識改革から始めよう

書きながらいろいろ考えていたのですが、わたしの怠け癖はなんとか改善できるような気がしてきました。
そもそも、やることと始める時間が明確になっていないとダラダラしてしまうということが1番の問題だったのではないかと思います。
あとは、決めたことを守るという自分の意志だけですが……それは頑張るしかないですよね。
大切なのは、自分の欠点を改善するために考えた行動したという事実。
時間を決めてしっかり働くということを目標にして、わたしでもできるという意識改革から始めます。