SBI債が満期償還!SBI債と住信SBIネット銀行は心底おすすめ

SBI債が満期償還!SBI債と住信SBIネット銀行は心底おすすめ

いろいろと停滞している今日この頃。何が停滞しているって資産運用の話です。

いろいろバタバタした日が続き、ほったらかしになっていた株式投資
気が付けば、保有株を今の値で売却すると、この3年間の売却益がマイナスになるくらいに値下がりしていました。さすがにその決断はできず、ここしばらくは塩漬け状態。

dポイント投資も、毎日チェックを怠っていたら、どんどん下がっていっている状態。

そんな運用がうまくいかない状態の中、2年前に購入したSBI債が満期償還となりました。
1億貯金とは関係のないわたしの個人資産がちょっぴり増えました。めでたい。
SBI社債は、売り出されたタイミングに気付けば、できるだけ購入するようにしています。

SBI債をチェックしよう!

SBI債とはSBIホールディングス株式会社が発行する債券のこと。個人向けの社債ですね。
元本保証ではないので当然リスクはありますが、比較的金利が高いのがありがたいところです。

SBI債の金利と期間は?

1番最近発行された第37回SBI債は金利0.48%でした。

金利(年利) 0.48%(税引後0.382%)
期間 約2年
利払日 年2回
申込単位 10万円以上、10万円単位

第36回は金利が0.50%だったようですが、わたしが購入したのは第35回SBI債は今回と同じ条件です。金利0.48%で2年間。2016年12月12日に購入して2018年12月13日で満期となりました。

これまでにも何度か購入していますが、以前は金利が1%超えていたこともあったんです。今はずいぶん下がったとはいえ、この低金利時代にはありがたい金利ですよね。

SBI債でどれくらい利息がもらえる?

今回、わたしは50万円分SBI債を購入していました。

SBI債の利息

利払日が年2回なので、半年ごとに957円ずつ入金されています。1年で1,914円、2年で3,828円です。
銀行の普通口座に預けっぱなしにするよりよっぽど有意義ですよね。すぐに使う予定のないお金は、できるだけSBI債購入に充てたいと思っています。

SBI債はSBI証券でしか買えない

SBI債は人気の社債なので先着順でしか買えません。すぐに売り切れてしまうので、買おうとスタンバイしてたけど間に合わなかったことも。以前は抽選形式だったので、買えるかどうかは運次第でした。

そんな高金利で人気のSBI債はSBI証券でしか購入できません。

株式投資は10万円以下の取引なら手数料が掛からない松井証券を利用しています。
そのため、SBI証券はSBI債の購入のみに使用しています。ただし、SBI証券でもプランによっては、10万円以下の場合は手数料無料で株式投資を行うことができます。

SBI証券には、SBI債が購入できるという以外にもメリットがあります。それは、SBI証券と連携しているSBIハイブリッド預金の金利の高さです。

SBI証券のメリット

わたしがSBI証券で口座開設しようと思ったきっかけは、SBI債ではありません。
最初に口座を開設したのは住信SBIネット銀行でした。

住信SBIネット銀行は手数料がお得

住信SBIネット銀行は他行への振込が月1回は無料なので、とても便利に使える銀行です。取引内容に応じてランクが決まり、そのランクによってATM手数料と他行への振込手数料の無料回数が決まります。最高ランクなら月15回まで無料です。
また、目的別に口座を作成することができるで、貯金を管理しやすいところも気に入っています。

SBI証券と連携したSBIハイブリッド預金

住信SBIネット銀行には、SBI証券と連携したSBIハイブリッド預金があります。SBIハイブリット預金の残高は、SBI証券口座の買付余力に自動的に反映されます。

そして、SBIハイブリット預金は普通預金よりも金利が高いのです。2019年1月13日時点の金利は、円普通預金が0.001%、SBIハイブリット預金0.010%です。

金利はちょっとでも高い方がいいに決まっています。SBIハイブリッド預金に惹かれて、SBI証券でも口座開設することに決めました。

ちなみに、SBIハイブリット預金から直接お金を引き出すことはできません。引き出しや振り込みを行う場合は、一度円普通口座に振り替える必要があります。

SBI債と住信SBIネット銀行は心底おすすめ

リスクがあると言えど、定期預金などに比べると金利の高いSBI債はホントにおすすめです。リスクを取ることが嫌いなわたしが何度も購入するくらいです。今すぐに使うわけではない資金があるのなら、SBI債の購入を検討してみてもいいかもしれません。

そして、わたしは住信SBIネット銀行が大好きです。
SBI証券で口座開設したりSBI債を買うようになったりしたのも、元々は住信SBIネット銀行を愛用していたからこそ。

結婚して夫の口座も含めて家計管理するようになったときに、他行への振込手数料無料というのにはホントに助けられました。少しでも金利の高いところにお金を預けるため、結婚してすぐくらいに夫にも住信SBIネット銀行とSBI証券で口座開設してもらいました。

我が家の予備費は住信SBIネット銀行のハイブリット預金に入金してあります。最寄りのコンビニで手数料無料で出勤できるので便利です。

頼りにしてます、住信SBIネット銀行。