米が買えるうちは貧乏でも大丈夫!そんな我が家の米事情

米が買えるうちは貧乏でも大丈夫!そんな我が家の米事情

「お米が買えるうちは大丈夫!」
これはわたしの口癖です。

どれだけお金に余裕がなくても、米があればとりあえず食べてはいけます。だからこそ、お米が買えるうちはまだ何とか生きていけます。
お米は主食。毎日食べるものなので、できる限り安くて美味しいものを手に入れたいところ。
そんな我が家の米事情について紹介します。

これまで買っていたお米

ここ数年は、自宅最寄りのスーパーで5kg1,780円のお米を買っていました。
1番安いというわけではありませんが、ブランド米でお手頃価格なので、銘柄を変えることなく買い続けていました。

最近は思うところがあって、最寄りのスーパーから足が遠のいています。それでも、お米がなくなったときはこれまでの習慣に倣って最寄りスーパーで購入していました。
しかし、ある日お米を買おうと最寄りのスーパーに行くと、いつもの銘柄が1,980円になっていました。ショック。
これまでは1,780円のブランド米が他になかったので購入していましたが、1,980円だと他にも候補はたくさんあります。

そういった流れで、これまで習慣で買い続けていたお米の銘柄を見直すことになりました。

どのお米を買うか悩む

銘柄を変えようと思ったものの、どのお米を買うかは悩みどころです。
夫婦だからといって、考え方が同じなわけではありません。微妙に異なる考え方が、お米の銘柄選びにも影響します。

わたしの優先事項は「価格」

わたし個人としては「とにかく安いお米がいい。安いに越したことはない」と思っています。
家計を預かる見としては、できる限り出費は抑えたいのです。この際、味は二の次三の次。贅沢は敵。

夫の優先事項は「味」

そんなわたしに対して、夫は味にこだわるタイプ。
今の状況的に、「とことん美味しさにこだわる!」……というわけにはいきませんが、最低限の品質は保ちたい模様。産地とかにもこだわるタイプです。
つまり、「安くてもまずい米は嫌だ」というわけです。

安くて美味しいお米を見つける

そんな中、夫の希望によってJAの市場にお米を買いに出掛けることになりました。テレビで紹介されているのを見たらしいのですが、何やら安くて美味しいお米が売っているそうです。

JAの市場/直売所

農業協同組合、愛称JA。
これまではJAバンクがあることをなんとなく知っていたくらいで、JA自体には全く縁がありませんでした。
夫が仕入れてきた情報によると、比較的ご近所の市にあるJA直売所で安くお米が売られているらしいのです。

1kg350円の玄米

夫の希望によって出掛けたJAの直売所。
その地方で作られたお米は、玄米の状態で1kg350円で販売されていました。5kgだと1,750円

けれど、売られているのは玄米なので、白米として食べるには精米する必要があります。この直売所では精米料は無料です。

当たり前ですが精米すると重量は約1割くらいは減ってしまいます。糠や胚芽を取り除くわけなので。
帰宅後に計量したところによると精米後は約4.5kgでした。4.5kg1,750円ということは、1kgあたり約389円
正直、ものすごく安い!というわけではありませんね。

美味しいお米

夫とわたしの考え方は異なりますが、「価格優先!安さが大切!」というわたしの意見ばかりだと生活が息苦しくなってしまいます。だから、そんなに価格が変わらない場合は夫の考えやこだわりを採用することにしています。家計を預かる身としては、夫の能天気さにイラッとすることもありますけどね。

そんなこんなで、休日のドライブデートを兼ねたお出掛けで1kg350円の玄米を買いました。安くないけど、夫が満足したならそれでいいかーくらいです。

けれど、炊いて食べるとびっくりするくらい美味しかったんですよね。これまで5kg1,780円で買ってたお米より数倍美味しい。
特別安いわけではありませんが、ちょっと感動するくらいの美味しさだったのでしばらくはこのお米を購入します。

JAの直売所がありがたい

JAの直売所は我が家から近いわけではないので、ガソリン代のことを考えると割高なのかもしれません。
ただ、このご近所の市に用事があって出掛ける機会が多いので、同じ日に用事をまとめて「ついで買い」できるようにスケジュールを組みたいと思います。

そして、さすがJA。野菜も安い。うちの赤子ほどの重さがある白菜や立派な大根、ほうれん草に青梗菜。お米を買いに行ったわけですが、その日は大量の野菜も買って帰りました。ほっくほくです。
近所のスーパーよりもよっぽど質が良く安いので、今後はお米を買いに行くタイミングで野菜もまとめ買いしようと思います。

ちなみに、JAの直売所は下記サイトで探すことができます。

全ての直売所が参加しているわけではありませんが、各地の農畜産物、名産品は下記サイトで通販できます。

節約を楽しもう!

節約のことばかり考えると、価格にばかり注目してしまって味や産地が二の次になってしまいます。
我が家の家計担当はわたしですが、食材の買い出しはほぼ夫が担当します。わたしはレシートの数字しか見ないため、もっと安いのがあったのでは……ともやもやすることもしょっちゅう。
けれど、美味しいものを食べると幸せな気分になれるし、節約にこだわり過ぎてぎすぎすするのも楽しくありません。

産地の美味しい食材を安く手に入れることも節約のひとつ。お米は別に安くならなかったけど。
どうせなら、節約も楽しみたいなぁと思います。

なんというか、貧乏くさいのは良くないなぁと思うわけです。貧乏でも、貧乏くさくなっちゃいけないんですよ。
貧乏なら貧乏なりの、逆境なら逆境なりの楽しみ方を見つけて、明るく生きていきたいなと思います。