会社員ではなくなった日

会社員ではなくなった日

1億円貯めよう!1億円貯める記録を綴ったブログを作ろう!
そう決めて、わたしが最初にしたことは毎日更新できるようにある程度の記事を書き溜めることでした。

そのため、ブログという形で公開するまでの間に状況が変わることもあります。
そう、記事を書き溜めている間にわたしは会社員ではなくなったのです……。

会社員でなくなった経緯

残念ながら、特に大した事情があるわけでもなく面白い話でもありません。
ただ、元々それなりに赤字が続いていた零細企業。少ない社員数でやっていた仕事でしたが、その内のひとりが家庭の事情で退職することに。それをきっかけにどうしようかという話になり、わたしも退職することになりました。

わたし自身、いつかは夫の会社で働く予定にしていたので、そう長くは働けないだろうなとは思っていました。入社前から社長にその話をしていたこともあって、わたしにどうするか選ばせてくれた社長には感謝の気持ちしかありません。
幸いにも、会社都合の退職にあたるので、雇用保険もすぐに受給することができます。ありがたや。

時の流れは早いものです。あっさりと、わたしが会社員でなくなる日がやってきました。

偶然ではあるのですが、締め日の関係で会社員最後の日はわたしの誕生日
社長と社長の奥さまと食事に出かけてお祝いしてもらいました。わたしはとっても幸せ者です。
これから新しい人生が始まるんだなぁと、なんだか感慨深く思ったものです。

実際問題、これからどうする!?

社長への感謝の気持ちは今も胸にてんこ盛りありますが、それはそうとこれからどうするよって感じです。

夫の給料はしばらく出ていないので、わたしの薄給だけが我が家の収入でした。それがなくなるということは、1億貯金どころか生活費にすら困窮する可能性があるということです。

……いえ、可能性ではなくて確実に困窮します。

会社の給料が入る間は問題はありません。その先数ヵ月も、雇用保険があるのでなんとか生活はできるでしょう。
問題となるのはその後です。なんとか生活できることを前提に貯金を殖やすことを目標としていたのですが、貯金どころではないかもしれません……。控えめに言って大ピンチですね!

夫の会社の給料が出る!

会社員でなくなるにあたって、夫ともいろいろ話し合いました。
どうやら夫に給料が出るようです。金額でいうと10万円ほどですが、わたしの雇用保険を合わせると生活に困ることはなさそうです。わたしだけの給料で生活していた時よりも、ちょっと楽になるかもしれません。

しかし!雇用保険が切れたときにピンチであることには変わりないのです。
節約では追いつきません。雇用保険が切れるまでに、なんとか収入アップを目指さなければならないのです。

自分に何ができるのか考える

フリーライターになるという目標。少しずつその夢に向かって頑張りたいと思っていましたが、少しずつやってる場合ではなくなりました。
とにかくお金を稼がなくてはいけません。早急に、です。さしあたって、ライター収入月10万を目標にしたいと思います。雇用保険が終わるまでに、なんとかライターとして稼げそうな仕事を探したいところ。

これから先の人生に対して不安でいっぱい

雇用保険の給付期間に、この先のことをしっかり考えたいと思います。具体的に言うと、正社員としての就職を目指すのか、夫の会社の手伝いをするのかということです。

今までも夫の仕事の手伝いはしていました。もちろん有償で。それを、もっとがっつり時間を掛ければ会社の儲けになるというのであれば、夫の会社の社員になるのもひとつの方法です。夫の会社経営が厳しいのであれば、リスクヘッジのためにも他で働いた方がいいでしょう。

現実を見て目標を考える

……ただ、特別なスキルがあるわけでもなく、この年齢。再就職はかなり厳しい気はします。かと言って、いきなりフリーライターとして会社員並みに稼ぐ!というのも現実的ではありません。
個人的には、ライター収入を得ながら夫の会社で働くというところを着地点にしたいです。

雇用保険期間中に次の目処を

そのためには、夫の会社の様子をうかがう必要もあるので、求職活動しながらいろいろ見極めます。運良く条件の良い仕事が見つかれば、それはそれでありがたいことなので。

フルタイムとパートタイムの仕事、そしてライターとしてできそうな仕事を並行して探して応募します。雇用保険期間中に次の目処をつけるのが第一目標。