夫と妻のお小遣いっていくらずつが適正?我が家のお小遣い事情を整理

夫と妻のお小遣いっていくらずつが適正?我が家のお小遣い事情を整理

家計管理方法はいろいろあってその家庭ごとに違うと思います。夫婦でひとつの財布で生活している場合もあれば、決まった金額を夫婦で出し合って生活費にしていたり、家賃は夫で光熱費は妻といった担当制の場合もあると思います。
決まった金額だけを出し合ったり、担当したりする共働き夫婦の場合は、手元に残ったお金が自分の自由にできるお金となるのかもしれません。
我が家のように、夫婦でひとつの財布にしている場合はお小遣い制ということになります。では、そのお小遣いっていくらくらいが妥当なのでしょうか。

お小遣いは3万円が相場の気がする

なんとなくなのですが、お小遣いの相場って3万円の印象があります。
ちなみに、新生銀行が毎年実施しているお小遣い調査だと、2017年の男性会社員の平均お小遣い額は37,428円だそうです。

夫のお小遣いの相場

「お小遣い 夫」で検索してチェックしてみると、お小遣い制の多くの夫婦がお小遣い3万円からスタートしているようです。
まぁ、その後はアップしたり減額したり、いろいろと変動しているようですが。
お小遣い制だとあるだけ使ってしまうので、お小遣い制を廃止にして必要なときにその都度お金を渡す申告制に移行したご夫婦も。

最初は、なんとなくの相場感で3万円からスタートするけれど、家庭の状況やその家庭でのやりやすいやり方に合わせて、その家庭での適正額/適正方法に落ち着いていくんでしょうね。
お小遣いの金額自体よりも、何をお小遣いで賄うのかによってその金額が高いのか安いのかが決まるのだと思います。

勝手に妄想してみる

例として、とあるふたりの男性のお小遣い3万円について妄想してみます。

Aさん

  • 夫婦共に正社員として勤務。夫婦のみ世帯。家事はできる方がやるという分担制。
  • 会社では経理部に所属しており、基本的にはずっと内勤業務。
  • お昼ご飯は、奥さまが作ってくれるお弁当を毎日持参。
  • 決算期以外は定時で仕事が終わることも多く、そんな日は早めに帰って夕飯の準備をする。
  • 食費は家計から捻出するルールのため、昼ご飯代や夫婦で出掛けた際の外食、飲み代の負担はなし。
    お小遣いは友達付き合いや自分の趣味に使う。
    webデザイナーの奥さまは残業になることが多く、奥さまの負担を軽減させるために帰宅後に少しでも家事を片付けることを目標としている。そのため、寄り道せずに急いで帰るので会社帰りにお小遣いを使うこともあまりない。
    お小遣いに余裕があるときは、誕生日やクリスマスなどの奥さまプレゼント用として貯めている。

    Bさん

  • 営業マンとパート主婦、3歳の女の子の3人家族。
  • 付き合いで帰りが遅くなることも多いため、家事はほぼ奥さま。
  • 営業で外出することが多いため、お昼ご飯は外食かコンビニ。
  • クライアントの希望によって打ち合わせが遅くなることもあり、帰宅時間は不規則。
  • 横のつながりも大切にしたいので、付き合いの飲み会予定が月に2~3回はある。
  • お小遣いには、毎日の昼ご飯代や付き合いの飲み代も含まれる。
    給料日前になると、外食をする余裕もなく安売りの98円のカップラーメンしか食べられない日々が続くことも。
    何よりきついのは、終電を逃した際のタクシー代。
    子どもが寝る時間になると奥さまに迎えを頼むこともできないため、お金がない日は30分掛けて歩いて帰る。

    生活が違うと適正額も違う

    いかがでしょうか。
    勝手に妄想した見知らぬ人ですが、これだけ生活やお小遣いで賄う範囲が違っていたら、同じお小遣い3万円でも感じ方は変わってきますよ。
    Aさんにとって3万円は適正価格かもしれませんが、Bさんのような生活だとちょっと厳しそうです。
    そろそろ、お昼ご飯代を含むのでもう少し金額を上げて欲しいという交渉が入りそうですね。

    我が家の家計管理とお小遣いについて

    基本的に、我が家のお金の管理はわたしがしています。
    自分の給与も夫の給与も全てひとつにして、そこからいろいろな支払いや貯金、そしてお小遣いに振り分けます。そのため、収入と支出のバランスによってはお小遣いの額が変わってきます。

    過去と現在のお小遣い事情

    この1年でも何度か変更になっています。

  • 夫:3万/妻:2万
  • 夫:1万/妻:5,000円
  • 夫:4万(交通費込)/妻:その都度
  • 上記の流れでやってきて、今は夫のお小遣いが4万時代です。

    お小遣いに含まれること

    我が家の場合、夫婦で出掛けた際の支出は家計用のお財布から出します。けれど、個別で支払うものは基本的に個人の財布から出します。ひとりで出掛けるか一緒に出掛けるかがラインといった感じです。
    友達と出掛けるときは自分の財布から出すけれど、夫婦一緒に共通の友達と遊ぶときは家計から出すよ!みたいな。

    ただ、医療費やお昼ご飯代などの生活に欠かせないものもお小遣いから出すので、足りなくなったら言ってねーくらいのアバウトな感じです。
    けれど、ご存知の通り家計に余裕はありません。そのため、足りないと言われるとわたしがとても不機嫌になります。

    わたしのお小遣いの使い道

    会社勤めをしていると、毎日のお昼ご飯代が必要となります。わたしはかなりケチっていたので、お昼ご飯は月3,000円以内を目標にしてました。1日150円。
    2リットル100円のミネラルウォーターを月に何度か買い、会社での飲料水は基本的に水。それか、お湯を沸かして緑茶かスティックタイプのカフェオレを飲んでました。
    お昼ご飯は、200円のカロリーメイトかクリーム玄米ブラン。どちらも一箱に二袋入っているので2日に分けて食べます。
    ……わぁ、わたし、なんだか可哀そうな子みたーい。

    300円くらいのミニ和風カレー丼とか、ちゃんとしたのも食べるときもあります。
    そういえば、セブンイレブンのミニ和風カレー丼がかなり好きだったのですが、家の近くのセブンでは売ってません。もう販売終了なのでしょうか。また食べたいのだけど……。あぁ、書いたことで余計に食べたくなってきた!

    話を戻しますが、お小遣いとは言え、足らなくなったら家計にまわすことになるので、とにかく使わないようにしてました。
    けれど、元々そんなにお昼ご飯を食べる方ではなかったので、別に無理はしていません。お金に余裕があってもこんな感じです。

    お小遣い額が変わった理由

    とにかく毎日貧乏暮らしだった頃から比べると、わたしの雇用保険+夫の給料で少しだけ余裕ができた我が家。
    わたしが会社員でなくなってお昼ご飯代が掛からなくなったので、わたしのお小遣いはなしになりました。必要な分をその都度、家計用の財布から使う感じです。

    夫のお小遣いは1万円から4万になりました。そうはいっても、1万円の駐車場代と6,000円の定期代も含んでいるので、実質24,000円です。
    それでも、1万円だった頃に比べたら大幅アップ。
    「こんなにもらっていいの?」
    と言ってくれる夫を見て、頑張ってお金を稼がなければ!と決意を新たにしました。

    夫のお小遣いの使い道

    そして、そんな夫のお小遣いの使い道。
    お小遣いが増えた翌日の晩、嬉しそうに買い物して帰ってきました。大量の食材を。
    その次の日は、「もうなかったから」と洗剤類をまとめて買って帰ってきました。

    食材も洗剤類も家計から出すお金です。
    「いくらだった?」
    そう尋ねると……
    「いいよいいよ。お小遣い多めにもらってるから」
    と返ってきました。

    ……なんて素敵な旦那さまなのでしょう。

    こういう夫だからこそ、お金がなくても一緒に頑張ろうって思えるんですよね。一緒に苦労してくれるし、お互いを責めることなくいられるから。
    何にせよ、我が家のお小遣いの使い道は、夫婦揃って家計の穴埋めをすることのようです。

    いつかもう1度夫に3万円のお小遣いを渡せるように頑張って稼ぎたいと思います!