恋愛バラエティで自分を主張することの大切さを学ぶ

恋愛バラエティで自分を主張することの大切さを学ぶ

ちょっとしたきっかけでバチェラー・ジャパンのシーズン2を観てます。
こういう恋愛バラエティがけっこう好きなんですが、なんだかいろいろと考えさせられるところもあります。
自分の主張の仕方とか、やっぱり笑顔って強いよなぁとか。
番組を見ながら思ったことを、これからの人生にどう活かすかを考えてみたいと思います。

amazonプライム初めての利用

ネットショッピングは、どちらかというとamazonより楽天派でした。仕事での買い物はamazonばかりなのですが、プライベートだと楽天オンリーだったんです。今回、入院準備のために、初めてプライベートでamazonでお買い物しました。

amazonプライム無料

入院準備が遅れすぎてプライムじゃないと間に合わなかったこともあり、amazonプライム無料お試しに参加してみることになりました。
amazonプライムは便利なんだと思うのですが、ネットショッピング自体あまりしないわたしには無用の長物。30日後に解約するのを忘れないようにしなければ!

けれど、せっかくの30日間。できるだけ楽しみたいものです。

amazonプライムの特典

お買い物自体は回数を抑えているので、楽しめるとすればプライム・ビデオ Prime Musicかなぁと思いました。

そうであれば、プライム・ビデオでちょっと気になってた「バチェラー・ジャパン」を観たいと思うのです。

恋愛バラエティは楽しい!

CMなどで見掛ける機会があって、ちょっと気になってた「バチェラー・ジャパン」。
わたし、恋愛バラエティって大好きなんです。なんだか、本性出てて面白いとか応援したくなるとか、とにかく興味深いです。純粋な野次馬根性みたいなのもあります。性格は良い方ではないので、他人のスキャンダルとか大好物です。あと、可愛い女の子が好きです。

バチェラー・ジャパンって?

世界一の恋愛リアリティ番組の日本版とのこと。セレブな独身男性が多数の女性の中からパートナーを選んで1人にプロポーズするんだそうです。もう、その大筋だけでワクワクしますよね。女の闘いみたいなの大好物です。

女同士がいっぱいいる場って個人的にはすごく苦手なんですけど、傍から見るのは楽しいですよね。バチバチした感じ。渦中には絶対に混ざりたくないですけど。

応援したくなる女の子

そんな中で、応援したくなるような女の子っているんですよね、やっぱり。素直な子とか頑張っているなぁっていう子。あざとい女は好きではないです。
恋愛バラエティでは、毎回そういう応援したい女の子を見つけては、あれこれ考えながら見守っています。

素直な女の子

ただ、純粋に素直で、何かあったときに「わぁ!」とか「やったぁ!」って喜べる子はすごく可愛いと思います。
わたし、褒められたりプレゼントもらったりという親切に慣れてないのか、対応が下手なんです。素直に受け取る前に、変に謙遜してしまうんですよね。自分自身はプレゼントをあげるのとかけっこう好きなのですが、やっぱり素直に「ありがとう」って言われた方が嬉しいです。次もまた何かしてあげたくなりますよね。プレゼントって喜んでもらいたいって気持ちが基本ですから。
誉め言葉も同じで、「そんなことない」って言われても困っちゃいますよね。こっちはそう思っているのですから。

だからやっぱり、素直な子はもうそれだけで可愛いんです。感情表現豊かな子って素敵です。
ただ、それも喜びだけなのかもしれません。いつまでも泣いてられると鬱陶しいですし。

守ってあげたい女の子

けれど、自分を頼ってくれる女の子って可愛いんですよね。意地を張ってたような強気な女の子がほろっと見せた涙とか、もう守ってあげたくなります。そう思うと、もう途端に肩入れしちゃいます。
ただ、サボってばかりでは守ってあげたくはならないのではないでしょうか。普段ちゃんとしているからこそ、ちょっと弱い部分が見えたときに味方になりたくなるんですよね、きっと。

反省するけど悪口は言わない子

恋愛バラエティって、合間に個人個人へのインタビューが入ります。そのインタビューでの発言も、かなり好感度を左右しますね。
「悔しい」とか素直に言える女の子や多少口が悪い子も好きですけど、毎回人をディスる人はちょっと「う~ん」って思っちゃいます。多分、ちょっとした言い方の差だとは思うんですけどね。

吐き捨てるように言うのと、自分の意見として言うのとはちょっと違うのかなぁって。言葉のチョイスとか、ちょっとしたことで印象変わると思います。単なる悪口だと、聞いてても疲れちゃいますよね。個人的には腹黒トークできる子の方が仲良くなれるんですけど、TV番組のインタビューだよって思うと、そこで言葉汚いのはちょっと幻滅です。

笑顔の女の子

女の子の笑顔ってやっぱり可愛いわ!と強く思います。
まぁ、笑顔にもいろいろあるんですけど、ふっと見せた笑顔とか、相手と向き合った瞬間の笑顔とかめちゃくちゃ可愛いです。
個人的に好きな女性芸能人も、笑顔にやられて好きになった子が多いです。くしゃっとした笑顔とか、もうかなりのツボです。
日常的に笑顔でいる女の子って、やっぱり好感度高いですよね。

恋愛面だけでなく、働く場でも同じ

恋愛バラエティは、期間限定で分かりやすいゴールがあるので、女性の本性が出やすいんですよね。そうでないと番組的にも面白くないでしょうしね。
ただ、応援したいと思う気持ちや好感度を抱くポイントは、恋愛の場だけでなく働く場でも同じではないかなぁ思います。

女性ばかりの職場での勤務

以前、女性ばかりの職場で働いていたのですが、好ましいと思う子って上記の条件に当てはまっているんですよね。

自分を頼ってくれる後輩は可愛いと思うし、仕事のデキる先輩のちょっと弱っている部分を見ると全力で力になりたいって思います。素直でその場を盛り上げてくれる子は飲み会の中心でもあったし、仕事の中心でもありました。
仕事の場なので、真剣な顔して集中していることもよくありますが、話し掛けた瞬間に笑顔で振り向いてくれると安心できますよね。

好感度は話し掛けやすさに通じる

笑顔とか普段は見れない弱い部分とか、そういう面を見ると自分を受け入れてくれる感じするじゃないですか。なんとなく。
そういうふわっとした包容力って人に好かれるためには大切なポイントなのかなーと思います。拒絶されそうな相手には近寄りたくないし、応援もしたくないですからね。

どんな時も、程よい自己主張が大切

主張しすぎても良くないけれど、何の特徴もない人と思われるのも良くないことですよね。自然体でいること、無理のない等身大の自分をアピールすることが大切なのかなぁと思います。

恋愛だけでなく仕事においても、程よい自己主張は大切なこと。
ただ、自己主張にもいろんなやり方があるんだなぁと思います。ものすごく自己主張するのもひとつだし、敢えて控えめにするのもひとつですよね。
ただ、無理をしては逆効果なのではないかなぁと。その無理が、自分の良さを消しちゃうこともありますよね。

わたしだったらどうするのか。どうアピールするのか。わたしの場合は仕事に関してですが、やっぱりすごく考えます。
恋愛バラエティは、そういう意味ですごく勉強になります。
こういう人は好きじゃないとか、こういう人はいいなとか、人に対する見る目が養われるような気がします。自分にとっての正解を探しつつ、自分自身がどういう人を好きなのかなぁという自分との対話しても楽しんでいます。

いや、もちろん野次馬根性で楽しんでるのが1番大きいんですけどね。
あぁ、楽しすぎて、いろんな人とこの恋愛模様について語りたいです!