刺激を受けて情報をインプットして、ライターとして人としてレベルアップしたい

刺激を受けて情報をインプットして、ライターとして人としてレベルアップしたい

会社を辞めて無職になってから、ずっと家で過ごす半引きこもりのような生活を送っていました。
今も在宅ワークが基本のの引きこもり状態は続いています。
それはそれで良いのですが、自分の世界がとても狭い範囲で完結していると、どうにも自分が衰えてしまう気がします。
人と会ったりどこかに出掛けたりして刺激を受けて、情報をインプットしていかないといけません。
そういった外部刺激が、ライターとして成長するためにも人として成長するためにも必要なのだと思います。

心がかさかさになっていく

うまくは言えないのですが、最近はパワー不足な自分を感じます。
人と会わないと客観的に自分を見る機会が減って、どんどんブサイクになっていく気がします。
あまり化粧をしなくなるとか、ダサイ服ばっかり着てしまうとか、動かない分どんどん体型がだらしなくなるとか……。そんなブサイク化しつつある自分をあまり好きになれません。
気持ちに余裕がないからか、些細なことでイライラしたりウツウツしたり、どうにも自分の心を持て余しています。

自分自身をちゃんと見つめ直したい

自分自身とは、この先も一生付き合い続けていくわけなので、できればずっとちゃんと好きでいたいです。
アラフォーといういい年した大人だからこそ、ちゃんと自分の機嫌は自分で取らないといけません。
最近は少しずつ自分の欠点を直そうと、自分改善計画を考えたり目標を考えたりしていました。
少しずつでも良い方向に変わっていければいいなぁと思います。

精力的な人の方が輝いている

自分自身のことを考えてみると、やっぱり精力的にあれこれ動いている人の方が輝いてるし素敵に見えるし憧れます。
わたし自身もそうなりたいものです。
そして、そうなるためにどうしたらのかをもう一歩踏み込んで考えてみると、やっぱり自分自身も精力的に動くしかないなぁという結論に至りました。
充実した人生を歩むために、ちょっとだけ自分ルールを定めようと思います。

愚痴禁止!

愚痴ばっかり言っている人とは一緒に居ても楽しくないですよね。
わたし自身がついつい愚痴ってしまうタイプなので、まずは自分に愚痴を言うことを禁じたいと思います。
全く愚痴らないというのはちょっと難しい気がしますが、笑い話にできるくらいのテンションでない愚痴は禁止です。
うじうじじめじめしたのはNG。明るく楽しく話せるなら、別に愚痴ってもいいと思うんです。

月に1度は遊ぶ!

お金がないが故にいろんなことを我慢している最近ですが、それが良くないんだなぁとも思います。
お金を使わないようにと考えると、結局は引きこもりになってしまいます。
外に出ないと刺激を受けることもなく、心に余裕をなくしてしまいます。

そこで、月に1度はしっかり楽しむことを意識した日を作りたいと思います。
夫と遠出するとか友達と食事するとか、内容は何でもいいんです。ひとりでマンガ喫茶に6時間こもることでもオッケー。とにかく積極的に楽しめれば。
毎日に変化をつけることって大切ですよね。

とにかく笑おう!

自分自身がブサイクになったなぁと感じた1番の瞬間って、口角が下がって不機嫌そうな自分の顔を鏡で見たときです。
うわぁぁ、ヤバイ!って思いました。
笑う門には福来る。

笑顔って最大の開運方法なんだと思うんです。
人の笑顔って見ていても気持ちいいし安心できます。
そして、笑うからこそ楽しい気分になれるっていうこともあると思います。
それなら、笑顔でいることには得しかないですよね。もう笑うしか!

向上心を持つ!

自分を成長させるための努力を放棄してはいけないなぁと思います。
もっとライターとしてスキルアップするために、仕事をするだけでなく勉強する機会を作ろうと思います。
オンラインサロンに参加したり、セミナーに参加したり、ブログ仲間を作ったり、なんらかの方法で自分のモチベーションを高める手段を見つけたい。
会社員の頃の方が仕事ができていたので、わたしはどこかに所属すること方が頑張れるタイプなのかもしれません。

経験こそがスキルアップにつながる

ライターとしてしっかり稼ぐには、書ける分野を増やすことが1番手っ取り早いと思います。
そのためには、日常生活でいろんな経験をすることが必要です。興味を持って調べたりあれこれやってみたりして、ライティングできるだけの材料を自分の中に貯めてくきっかけにしたいです。

このブログも、日常生活での些細なことやちょっと思ったことがスタートになった記事がたくさんあります。
つまり、家に引きこもったままだと、ブログに書くことがなくなってしまうんです。
楽しい毎日を送って、誰かにちょっとでも共感してもらえるような記事を書き続けていきたいと思います。