書きやすい案件と書きにくい案件

書きやすい案件と書きにくい案件

今のところ、webライターとしての収入源はふたつ。長くお付き合いさせていただいているクライアントAと、サグーライティングです。
わたしにとっての書きやすい案件と書きにくい案件について、2社の仕事を比較しながら考えてみました。

2社の案件を比較してみる

サグーライティングの場合は案件によって条件が異なりますが、わたしが最近ライティングした案件に絞って考えてみます。
比較するポイントは、文字単価、案件の内容、ライティング内容のみです。ジャンルについては特に考えません。

クライアントA

クライアントAは継続的にお付き合いさせていただいて、最近ではライティング以外にも編集の仕事をさせてもらっています。今回はライティングに関してのみの比較なので編集のお仕事は含みません。

文字単価

1記事2,500円以上で報酬は4,000円です。文字数は2,500文字以上ですが上限はありません。平均値として2,800文字で計算してみます。
2,800文字4,000円の場合、文字単価は1.4円です。

案件内容

ライティングだけでなく、画像の選定や文字装飾も含めた記事投稿までがひとつの案件となります。
ディスクリプションを登録する必要もあるため、記事ごとに100文字前後で執筆します。
記事企画、執筆、編集、投稿まとめてひとつの案件といった感じです。

ライティング内容

書く内容に関しては、ほぼ自分で決めることができます。書く大まかなジャンルは決まっているので、その中で条件に合う記事キーワードの選定から行います。
記事の方向性や見出しの数、内容は全て自分で決定します。

サグーライティング

ラグーラィティングではプラチナ案件のみを比較対象とします。タスク形式や専属案件での区別はしません。

文字単価

サグーライティングプラチナの場合、1文字1円がほとんどです。しかし、文字数が多い案件や専属案件の場合は、もう少し文字単価が高めに設定されることもあります。
平均値として、文字単価は1.1円と考えることにします。

案件の内容

基本的にライティングのみです。案件によっては、画像をピックアップする必要があることや、参照URLを記載する必要があることもあります。
体験談など、自分で撮影して画像を用意する案件もあります。そういった場合は、画像代として単価が高くなることがほとんどだと思います。

ライティング内容

案件についてまちまちですが、書く大まかな内容は決まっていることが多いです。
タイトル、見出し、各見出しで書く内容などの指示があることもあれば、大まかな内容だけ決まっていて見出しは自分で考える場合もあります。
どちらにせよ、どの記事でも書いて欲しいことは明示されています。

どっちが書きやすいのか

大きな違いは、何を書くかを自分で考えるか指示されるのかということ。
書きやすいかどうかはその時々で変わってくるような気もしています。

文字単価で比較してみる

単純な文字単価だとクライアントAに軍配が上がります。
けれど、クライアントAの案件はとにかくやることが多いので、作業時間全てを合わせると文字単価はもっと下がります。
サグーライティングの場合は、基本的にライティングだけです。そのため、作業時間全てを合わせても、あまり文字単価に変動はありません。プラチナ案件だと1文字1円以上は確定しています。

キーワード選定がポイント

webライターとしての今のわたしの目標は、下記のふたつ。

  • 1文字1円以上
  • 時給1,000円以上
  • 1文字1円以上はクリアできています。
    時給1,000円以上もクリアできています。しかし、キーワード選定の時間を合わせると、クライアントAの案件は時給1,000円を下回っている気もします。

    ライティングの際は、書き始めと書き終わりの時間をメモして所要時間を計測しています。
    クライアントAの案件も、ライティングから納品までなら3時間前後でできています。時給1,000円以上はキープできていますね。
    けれど、キーワードの選定は下手すると1日掛かりです。書きたいことと選定条件がなかなか一致せず、ひたすら悩んでしまいます。こうなると、時給1,000円どころではないですね。

    効率良く書けるのはどっちか

    サグーライティングの場合、見出しや各章の内容が細かく指示されていると比較的書くのは簡単です。あまり知らない分野であっても、リサーチする内容が明確なので効率は良いと思います。
    ただし、あまり詳しくないジャンルだと、リサーチにとても時間が掛かるので一気に効率は悪くなります。

    クライアントAの場合、キーワード選定以降は何を書くかのイメージができているので楽に書けます。記事内の画像を含めて自分で選定するので、記事に対してのこだわりも出てきます。
    書くときは一気に書けるけど、その前段階が大変ということですね。キーワードがスムーズに決まればかなり書きやすいです。

    成長できるのはどっちか

    行動に移している時点で、どちらの案件もわたしを成長させてくれると思います。ただ、成長の方向が違うと思うんですよね。

    クライアントAの場合は、トータル的に全てを自分で行うので、多角的な物の見方ができるようになります。視野が広がると言いますか。担当からのフィードバックも、SEO効果を踏まえた書き方や業界の知識など、ライティングスキル以外のことが多いんです。ライティングに強みを足していける仕事なんだと思います。

    対して、サグーライティング。こちらは、ライティングに対するスキルアップができると思っています。スキルアップというか、書けるジャンルが増えるという感じですね。
    あまり知識がないジャンルでも、見出しや書く内容を指示されていると挑戦してみようと思えます。そうして、初めてのジャンルを書いてみることで、知識が増えていきます。そうすると、次に同じような案件があったら自信を持ってチャレンジできるでしょう。ライティングの幅を広げていける仕事なんだと思います。

    とにかく書くしかない

    まだまだ専業レベルに達していないわたしは、とにかくひたすら書くしかありません。
    ただ、書けるジャンルが少ないと、ちょうどいい案件が見つからないこともあります。
    webライターとして一定の稼ぎを得るためには、幅広く何でも書けないといけないなぁと思います。もしくは、名前で仕事が取れるようになるか。
    うーん。先は長いですね。

    ただ、わたしがwebライターとして成長していくためには、クライアントAもサグーライティングの仕事も必要なんだと思います。

    新たなクライアントを探そう

    しっかり稼ぎたいということを考えると、やっぱり2社じゃ足りないなって思います。
    サグーライティングはいつも案件があるとは限りません。クライアントAも、担当者の業務の兼ね合いで月にできる仕事の上限が決まっています。

    ここはなんとしても、長くお付き合いをさせていただけるような新たなクライアントを探したいところです。
    リスクヘッジのためにも、収入減は複数確保したいんです。
    新しいことを始められるように、時間を効率的に使って自分を成長させていこうと思います。