待ちに待ったGoogleアドセンスからの手紙

待ちに待ったGoogleアドセンスからの手紙

待ちに待ったGoogleアドセンスからの手紙が届きました。
Googleアドセンスでは、住所の確認が終わらないと収益が振り込まれません。
送ったという案内が出てから実際に届く居間で、1ヵ月以上掛かりました。

Googleアドセンスの支払い

Googleアドセンスの支払いは月毎に行われるそうです。
ただ、実際に収益が振り込まれるには、下記2点の条件を満たす必要があります。

住所確認

Googleアドセンスに申し込む際に、支払先住所を入力する必要があります。
アドセンスでの収益が住所確認の基準額に達すると、そのときに登録した住所に個人識別番号(PIN)が郵送されます。
この個人識別番号(PIN)を入力しないと、収益は振り込まれません。
ちなみに、住所確認の基準額は1,000円です。

支払い基準額

Googleアドセンスからの収益を受け取るには、支払い基準額を超えている必要があります。
月末時点で支払い基準額を超えていると、翌月21~26日に振り込まれるようです。
気になる支払い基準額は8,000円です。

毎月8,000円以上の収益があれば毎月振り込まれ、月の収益が8,000円に満たない場合は累計8,000円ごとに振り込まれるということです。
毎月の振り込みをひとつの目標にしたいところですね。

個人識別番号(PIN)を入力

GoogleアドセンスのPINが届いた

早速、届いた個人識別番号(PIN)を入力してみましょう。
ちなみに、管理画面では「4月29日にPINを郵送でお送りしました」と表示されていました。届くまで2~4週間ほど掛かるそうなので気長に待っていましたが、5月が終わった時点で「まだなの?」とちょっと焦ってました。実際に届いたのは6月7日です。

GoogleアドセンスのPINはエアメール

どうやらマレーシアからのエアメールのようです。だから到着までに時間が掛かるんですね。

開封してPINを入力

開封すると、PINの他に設定方法も記載されていました。「設定」の「アカウント情報」から行えるようです。「住所の確認」をクリックすると、PINの入力画面になります。

わたしは、タスクとして「請求先住所の確認」が表示されていたので、そこから入力を行いました。

GoogleアドセンスにPINを入力する

「確認」をクリックすると、PINを入力できるようになります。

GoogleアドセンスPIN入力画面

届いたPINを入力すると、すぐに住所確認が終了しました。

注意事項

PINは最初の発行日から4ヵ月以内に入力する必要があります。4ヵ月以内に入力しないと、広告が配信停止になってしまうそうです。
PINは郵便で届くので、紛失などのさまざまな事情により届かないことがあるかもしれません。その場合は、PINの再発行をリクエスすることができます。
PINの入力は3回間違えると広告が配信停止となります。停止された広告配信を有効にするためには、Googleに連絡する必要があります。PINは慎重に入力するようにしましょう。

受け取り方法の設定

実際に収益を受け取るため、受け取り方法を登録します。
なんだか、ブログ収益化へ一歩一歩近付いているようでテンション上がりますね。
設定は、「お支払い」の「お受け取り方法」から設定します。

振込先銀行を入力

Googleアドセンスの支払い方法を入力

「お支払方法を追加」をクリックすると、銀行口座を入力する画面に移動します。

Googleアドセンス銀行口座入力画面

銀行口座の情報を順に入力していきましょう。
わたしが入力した口座はもちろん、1億貯金口座である楽天銀行の口座です。

銀行口座の確認

Googleアドセンスの口座確認

口座を設定すると、Googleから100円未満のデポジットが入金されるようです。
その金額を入力することで、口座確認が完了となり振り込まれるようになります。

収益振り込みまでが長いGoogleアドセンス

  1. 収益額が1,000円を超える
  2. 発行されたPINコードが約1ヵ月後に郵便で届く
  3. PINコードを入力して住所確認
  4. 支払い口座を登録する
  5. デポジットが振り込まれる
  6. デポジット額を入力して口座確認
  7. 収益額が8,000円を超える

Googleアドセンスでは、実際に収益を受け取るまでに踏まなければいけない段階がいくつもあります。
まぁ、待ち状態になるだけで、そんなに手間が掛かるわけではないのですが……。
8,000円の支払い基準額を超えないと振り込まれないので、その前段階まではさくっと終わらせておきたいですね。

Googleからの初振り込みがとても楽しみです。