得意をお金に換えられる「ココナラ」が気になっている

得意をお金に換えられる「ココナラ」が気になっている

以前から気になっていた「ココナラ」。TVCM効果で認知度も上がってきた気がします。
得意を売り買いできるサイトで、前から何か出品できないか考えていました。考えてはいるけれど……といったところです。

「ココナラ」ってどんなサービス?

公式から引用してみます。

ココナラは、
知識・スキル・経験を売り買いできる
フリーマーケットです。

引用:ココナラとは | ココナラ

販売価格は500円から設定することができます。
出品は無料ですが、販売総額に対して手数料が掛かります。

ランサーズやクラウドワークスとの違い

ランサーズやクラウドワークスでは「この案件を〇〇円くらいでやってください」という募集が先にあります。それに対して、「××円でやります」「〇〇円でここまでやります」という提案を行います。

ココナラでは、「わたしこんなことが500円でできます!」という提案が先にあります。
フリーマーケットという考え方がとても分かりやすいですね。並んでいる商品から好きなものを選んで依頼するという形です。

有料オプションやおひねり

サービスの販売にあたって、有料オプションを設定することもできます。
また、お値段以上の価値を感じたり、販売サービスに加えて追加で作業をお願いしたりした際には、おひねりとして追加の支払いをすることができます。
フリーマーケットとは言え、値下げ交渉はする機会はありません。

サービスを使ったことがない理由

気にはなっていたものの、本日までノータッチだった「ココナラ」。
それは何故かというと、わたしには特に得意とする分野が思い付かなかったんです。

自分自身を評価する良い機会

500円ってけっこうシビアな金額ですよね。
500円で売れる自分の「何か」を探したときに、わたしは見つけることができませんでした。

もちろん、普段はライティングの仕事で500円以上稼いでいるわけです。
それなら「ライティングします!」という出品もできるはずです。
できるはず……なんですが、正直、自信がなかったんですよね。

こうして欲しいという案件があった場合に、それに対して書ける自信があります。
けれど、「書けます!」と看板を掲げて、依頼が不得意分野だったときの対応に自信がありません。
ちょっと、怖気づいてしまってるんですよね。小心者です、はい。

できることはきっとあるはず!

わたしが当たり前だと思っていても、実はそうでないことがたくさんあります。
Excelのちょっとした操作を聞かれたとき、画像の加工を頼まれたとき、簡単だからと思っていても、ものすごく感謝されたりします。
みんなが同じ人生を歩んでいるわけではないので、そりゃできること知ってることに差が出てきますよね。当然。

だから、わたしなりのアドバンテージみたいなのもあるはずなんですよ、きっと。
こういうのをうまくお金に変えることができるサービスがココナラだと思うのです。
あとは、自分にできることをきちんとアピールすることと「自分にはできる!」と信じることが大切。

そうして、自分にできることを明確にしたら「ココナラ」に出品できる自信がつくんでしょうね、きっと。

まずはココナラについて知ってみよう!

いつか出品したいと思っているココナラですが、まだ二の足を踏んでいる状態です。

取引の流れといった実際に利用してみてのことも知りたいので、まずは何らかのサービスを購入してみようかと思います。
ちょっと良いタイミングで誰かのヘルプが必要な案件があるんですよ、これがまた。
実際に購入、依頼という取引の流れをレポートしていければいいなと思います。

そして、実際のやり取りを参考にして、自分が出品するイメージを固めていきます!
まずは無料会員登録