小銭の王様!? 500円玉貯金が幸せを呼ぶ

小銭の王様!? 500円玉貯金が幸せを呼ぶ

財布の中にあるのを発見するとちょっと嬉しい500円玉。わたし、500円玉って小銭の王様だと思っています。
そして、どうにか手間なく貯金する方法がないかを考えたとき、500円玉貯金はとても有効なんです。

500円玉は2枚で1,000円

生活に余裕があって毎月しっかり貯金ができている場合は、追加で貯金を考える必要はないのかもしれません。
しかし、我が家のようにギリギリの生活の場合は、毎月の貯金額を捻出するのも大変ですよね。
それでも、どうにか貯金を殖やしたいと思うのであれば、日々の生活の中で少しずつ貯金していくしかありません。
そこで500円玉貯金ですよ。

500円からなら貯金ができる

当たり前ですが、500円玉は2枚で1,000円。20枚貯めたら1万円。

切り詰めた生活の中からもう1万円貯金すると思うとなかなか厳しいものがありますが、500円玉を貯金するだけなら簡単にできます。そして、気付いた頃には結構貯まっているものなのです。

500円玉だけを貯金すると、いっぱいになる頃に10万円貯まる貯金箱も売ってますよね。それくらい、500円玉貯金はメジャーな貯金法。是非とも挑戦したいものです。

ちなみに、1日に1枚500円玉を貯金するのを1年間続けると、18万2500円になります

500円玉貯金のメリット

わたしの考える500円玉貯金のメリットは下記の通り。

  • 意外と貯まりやすい
  • 貯金を楽しめる
  • お金への意識が高まる
  • 計算力が身に付く
  • 簡単にできるのも嬉しいポイント

    わたしの500円玉貯金は、500円玉があったら財布から500円玉貯金用封筒に移すだけという簡単なものです。期限も何に使おうとも決めているわけではありません。1億貯金が最大の目標なので、普通に1億貯金に回したいと考えています。

    目標があった方が頑張れる!というタイプの方は、
    「〇万円貯める」
    「〇/〇まで続ける」
    「〇〇用に貯金する」
    という制限や使用目的を定めたらいいと思います。

    目標を決めて楽しく500円玉貯金

    旅行用にGWまでに5万円貯める」と目標設定して、夫婦で500円玉貯金するのもいいですね。
    お互いに励まし合えるし、共通の目的があるのでしっかり貯金できそうです。こういった、貯金の楽しみも500円玉貯金のメリットのひとつ。

    財布の中身に敏感になる500円玉貯金

    そして、お金への意識が高まるという点についてです。
    当たり前のことながら、お財布の中に500円玉がないと500円玉貯金はできません。となると、常に財布の中身を意識する癖がつくようになります。
    500円玉が今どれくらい財布にあるなーとか、次の買い物を1,500円以内に抑えたら500円玉貯金できるなーとか。

    500円ができるように計算する500円玉貯金

    同様に、500円を作るためにお金の出し方を計算するようになります。648円のお買い物のときにさっと1,148円出すということですね。
    お釣りが500円になるようにというのは大した計算ではありませんが、深く考えずにお札を出してお釣りを受け取るよりかはお金に対する意識が高いということです。
    お金への意識が高い方がお金は貯まります。

    わたしには子どもがいませんが、子どもの計算力を養うのにいいかもしれませんね。
    1,000円札1枚と小銭入れを渡して「お釣りが500円になるように好きなお菓子買っておいでー」といえば、一生懸命計算してくれそうです。

    500円玉貯金の個人的な思い出

    わたしが500円玉貯金が好きなのは、完全に遺伝だと思います。

    父親の500円玉貯金

    父親が500円玉貯金が好きで、大きな容器にたくさん500円玉を貯金していました。

    小学生のわたしと父の500円玉貯金

    子供だった当時の私は、よくそこから500円玉をくすねてました。小学生の子どもからすると500円はそれなりの額です。友達同士でちょっとしお出掛けをするためのバス代として使っていました。

    高校生のわたしと父の500円玉貯金

    子どもの頃の可愛らしい思い出のようですが、高校生になってからもよく500円玉を抜きました。ごめんなさい……。
    高校生にもなると500円玉1枚ではどうにもならないので、数枚まとめて抜いていました。
    もちろん、父親にはバレてました。
    子どものいる家庭で500円玉貯金をする際は、お子様の目に触れないところに保管しましょう(笑)

    社会人のわたしと父の500円玉貯金

    と、本当に長い間500円玉貯金をしていたわたしの父。
    わたしが実家を出てひとり暮らしをする際に、引っ越し祝いとして500円玉がたくさん詰まった瓶をもらいました。
    家では見掛けなくなった父の500円玉貯金ですが、子ども(わたしと弟)を警戒して会社で続けていたようです。

    小学生の頃から見てきた父の500円玉貯金。それだけに、もらった時はとても嬉しく微笑ましく特別な想いがありました。
    お札でもらうよりも良かったと思います。金額がどうのこうのではありません。そこに500円玉と一緒に詰められた、積み重ねた時間の重みを感じることができたからです。

    500円玉貯金のデメリット

    父の500円玉貯金の重み、手のひらでしっかり受け止めました。それは、心情的な話でもありますが、現実的な話でもあります。

    実際、重いです。500円玉の詰まった瓶って。

    しかも、引っ越すときなので、絶対に移動させなきゃいけないわけです。
    父とわたしの500円玉貯金争奪戦争があったからこそ、感慨深いものがありましたが、引っ越し祝いとしてはお札の方がいいかもしれません。
    あ、でも、お金の重みとか大切さを教えるためなら良い方法なのかも。

    ちょっとかさばる500円玉貯金

    それはそれとして、貯金する間は楽しい500円玉貯金ですが、ある程度まで貯まるとちょっとかさばってしまいます。

    銀行に入金するのもちょっと面倒……

    ある程度の金額まで貯まったら、銀行口座に一度入金したいところ。これが意外と手間なんですよね。
    小銭を入金できるATMもありますが、枚数制限があることが多いので貯めれば貯めるほどに時間が掛かってしまいます。
    窓口に持って行って入金を依頼する方が楽です。その際、自分で枚数を数えて申告する必要がある金融機関もあるようです。

    窓口に行ければ簡単な入金作業ですが、仕事で窓口に行くタイミングがないとか、銀行が遠くて500円玉持っていくのが大変だという方も多いと思います。
    この、入金の手間は500円玉貯金のデメリットなのかなーと思います。

    500円玉貯金換金方法

    わたしは、500円玉貯金専用の貯金箱などを使っていません。500円玉貯金用封筒があるだけです。その封筒には、500円玉はもちろんお札も入っています。

    銀行窓口に入金に行く時間が取れないので、わたしは自分自身で500円玉を両替することにしています。
    給料日直後のお金に余裕のある時期にこれまでに貯めた500円玉とお札を両替するんです。そうすることで、500円玉貯金封筒にはお札が入り、小銭入れに500円玉が入ります。
    両替した直後の小銭入れはパンパンでめちゃくちゃ重い……。その500円を使い切ったら、また通常通りの500円玉貯金をスタートさせます。

    500円玉貯金用封筒のお札は、貯金口座に入金します。お札なので、時間外にコンビニATMから入金することもできます。
    銀行窓口になかなか行けないという人は、こんな自己両替も試してみてください。