帯封付きの100万円の存在感で貯金欲を高める

帯封付きの100万円の存在感で貯金欲を高める

ちょっとした事情で、100万円を手にしました。しかも、憧れの帯封付き札束!

銀行口座に100万円あったとしても、現金で100万円を手にする機会はなかなかないと思います。
初めての帯封にちょっとテンション上がっちゃいました。
そのおかげで、帯封のついたお札を手にしたいという人生の目標ができました。

100万円の存在感

100万円を手にしたといっても、もちろんわたしのお金ではありません。
口座から口座に移すのに、まとめて現金で引き出したのをちょっと触らせてもらっただけです。

別の口座に移すために郵便局で100万円引き出したわけですが、100枚になると帯封してもらえるんですね。
知らなかったです。……というか、そもそも窓口でお金を引き出す手続きしたことありません。100万円も引き出したこともありません。ATMでおろしたことがあるのは最大40万円くらいだと思います。

口座間でお金を移動させるときは振り込むことが多いと思いますが、時には敢えて現金を手にしてみるのもいいかも。
お金の大切さというか重み……なんていうか存在感は、通帳や残高照会で数字だけ見ていたらわからない。

自分のお金じゃないだけに、「自分のお金で帯封付きの100万円を手に入れよう!」と思えました。

100万円を見てみる

こうやって、まとまったお札を手にしたときにはついつい写真を撮る習慣があります。
自分のものではなくても、大量のお札は何だかそれだけでテンション上がる魔力を持っていますね。

帯封付きの100万円の札束

きっちり留められていて、引き出した郵便局の判が押されています。その下には引き出した日付が印字されています。

自立する帯封付きの100万円

帯封がしてあるからということもあるのでしょうが、やっぱり100万円は立つんですね。自立する100万円!

100万円の札束の3分の1は新札

ぱっと見たところ、3分の1くらいは新札のようです。わたしの新札貯金もこれくらいの厚みになればいいのに……!

ただ、ドラマや映画なんかで見掛ける100万円の束は、なんとなく全部新札のイメージがあります。
今回は事前連絡なしの当日引き出しなので、そんなに都合良く新札はなかったと思います。けれど、頼めば新札100万円に帯封してもらうことってできるんでしょうか。

窓口なら帯封付き

ちょっとだけ調べてみたところによると、窓口で頼めば100万円引き出したら帯封が付いているのが当たり前のようです。
ちょうど100枚の印みたいなものなので、それもそうか!といったところですね。
帯封が欲しいのなら、とりあえず100万円引き出してみましょう。

新札の札束

新札を100枚欲しい場合には、前もって問い合わせておいた方が良さそうです。
ほとんどの銀行では大丈夫だと思いますが、小さな支店だと枚数が足りないことがあるかもしれません。

また、お札を新札に交換したいということもあると思います。
ある程度の範囲なら無料でできるようですが、50枚以上の両替や口座を持っていない場合は手数料が掛かることもあるそうです。
新札で引き出す際に両替扱いになることもあるので、手数料のことも併せて確認しておいた方が良いでしょう。

貯金しようという気持ちが強くなる

今回は、現金の持つパワーを実感しました。
自分の力で帯封付き札束を手に入れるんだ!という闘志がみなぎっています。

100万100個で1億円

わたしが1億貯金を始めようと思ったきっかけは、100万円100個で1億円だと気付いたことでした。

1億と聞いても何のイメージも湧かなかったけれど、100万×100個と聞くとなんとなくできそうな気がしたのです。

大きな目標は大雑把に分けて考える」という記事で上記のようなことを書きました。
100万円が100個……。

帯封付きの100万円の札束

この札束が100個かぁ。
改めて、自分の目標の遠さが実感できました。

お札の厚みを目標にする

貯金方法のひとつとして、数字だけでなくお金の厚みを目標にするのもひとつだなぁと思いました。
わたしは新札を貯金しています
もちろん、今の余裕がない状況ではそんなにお札を貯金としてキープしておけないので、今あるのはせいぜい10枚くらいです。それでも、10万円。
10万円が10個で100万円です。

そこで、新札貯金で100万円を目指してみることにしようと思います。
もちろん、ものすごく時間は掛かると思います。けれど、半分趣味でもある新札貯金、100万の厚み分を目標としてみるのも面白いかなぁと。

3/100にしてみよう!

在宅ワークの収入を貯金する1億貯金口座は、これからも少しずつ増やしていきます。もちろん。
この1億貯金が200万くらいになったときに、新札貯金100万円が達成できていたらいいなぁと思います。

新札貯金は、家計の中から捻出している貯金なので、現時点で1億貯金には計上されていません。
新札貯金が100万達成できたら、その時点で1億貯金に振り替えることにします。
そうすると、100個必要な100万円を3つまで達成できたことになります。

100分の3って考えると、ゴールが見えるような気がしますよね。例えそれが幻であっても。

新札貯金で厚みを目標にする理由

100万円の札束にテンション上がって記事にしてみたものの、実はちょっとカテゴリに悩みました……。
そのため、新札貯金に絡めて貯金目標とすることで「貯金方法」のカテゴリに分類することとなったわけです。

こういうきっかけ作りも貯金するには大切なことですよね!