何に使う?1億円貯金の内訳

何に使う?1億円貯金の内訳

1億貯金を目標としているわけですが、なぜ1億なのかということは今まで特に触れていなかったと思います。
とてもざっくり計算するとそれくらいの金額が必要だと思ったからこその1億なのですが、その内訳についてまとめてみようと思います。

1億貯金の主な内訳

まず始めに、わたし達夫婦には計画性というものが皆無です。そして、ふたりともネガティブな楽観主義者なので、「まぁ、なんとかなるでしょう」精神で生きています。

ごく稀に、我に返って「なんともならねぇよ」と焦りだすこともあります。
そんなお気楽な資産ゼロ夫婦がなんとなくこの先のことを(主に希望だけで)考えたときに、1億くらいは必要だという結論に達しました。

ちなみに、夫婦で目指すと言っていますが「1億貯金する!」と言っているのはわたしだけです。

【3,000万円】マイホームが欲しい

戸建てでもマンションでもいいのですが、いつかマイホームが欲しいとなんとなく考えています。
これは何も具体的なことは考えてはいません。ただ、いつまでも今の賃貸に住んでられないなぁとは思っているんです。

いま現在の我が家

今の家は賃貸アパートです。もともとは夫が暮らしていたところにわたしが転がり込みました。

夫ひとりでも、もう10年以上住んでいる物件なので、とにかく物が多いんです。わたしの荷物も足されたので、さらに物が増えました。さらに、一時期は自宅を事務所として仕事をしていたり、前の会社の荷物を引き取ったりしているので、在庫や備品なんかもたんまりあります。
それなりに広いはずなのに、半分ゴミ溜めのような感じで、親や友達を呼ぶことすらできません。
引っ越しなんていう機会がないと整理できなさそうなので、どうにかしたいんですよね。

住宅ローンが組めない

マイホーム購入しよう!となっても、我が家は多分住宅ローンが組めないと思います。アラフォー×アラフィフの資産ゼロ夫婦な時点でお察しですよね。

となると、マイホーム購入のためには一括現金払いに掛けるしかないって感じです。
たまたま検索したところ、住みたい地域の中古分譲マンションが2,980万円で売られていました。そのため、なんとなく3,000万円あればどうにかなるという意識でいます。

仮にそれで買えなくても、頭金が3,000万円あればどうにかなるんじゃないでしょうか。
まぁ、あくまで希望に過ぎないのですけども……。

【3,000万円】子どもが欲しい

現時点で、わたし達夫婦は子なしです。
お金がないので二の足を踏んでいましたが、いつか子どもが欲しいというのは夫婦揃っての希望でもあります。
アラフォー×アラフィフの資産ゼロ夫婦が無謀な!と思われるかもしれません。だからこそ、二の足を踏んでもいたんですよね。でも、悩んでいる間にも年は取っていくわけです。

そして、軽く調べてみたところによると、子どもひとりを22年間育ててるには3,000万円が必要とありました。
そんなにいるのか……と愕然としました。

けれど、いまこの記事を核にあたって改めて調べてみると、子どもひとりあたり約1,000~1,500万円という情報が出てきました。私立か公立かといった違いもあると思いますが、高くても2,000万円とか。
あれ、過去のわたしは何を見て3,000万円掛かると仮定したんでしょうか……。

【3,000万円】老後資金

アラフォー×アラフィフの資産ゼロ夫婦なので、ちょこっと老後のことも考えます。
なんとなく、老後のための貯金は3,000万円必要な気がしています。
これは、何か根拠があるわけではなく、いろいろネットサーフィンをする中でなんとなく思い付いた金額です。

【1,000万円】予備費

貯金の予備費って何よ?って感じですね。ここまでの合計が9,000万円なので、キリ良く1億にしておこうっていうだけです。
子どもに関するお金は子どもができなかったら必要ありません。
しかし、マイホーム資金や老後資金は、3,000万円でも足りるか微妙です。そのため、貯金はあるだけあった方がいいんです。

そう思ったので、目標貯金額を1億というキリの良いでっかい金額にしました。

基本的に大雑把

1億貯金の内訳は、ホントびっくりするくらい大雑把です。
きっちりライフプランを考えてる人が見たら、あまりの適当さに呆れてしまうことでしょう。失笑ものですね。

正直、我が家の状況を考えるとなかなかに厳しい状況です。
けれど、細かく突き詰めて考えると「あーもうだめだ―」と人生に絶望してしまうので、敢えて考えないようにしています。
「なんとかなるさ」と能天気に1億貯金を目指す方が、きっと人生を楽しめると思うのです。

下記記事にも書きましたが、なんとなく前向きなイメージを持ったまま勢いで進んでいこうと思います。